ラウンジルーム 421便プレミアムシート 428便プレミアシート
 プレミアムシート初搭乗。

GM・西武20000系を買いました。

一昨年に乗車した西武20000系。

GMから模型化されたので、さっそく買いました。
鉄道模型 | - | -

必要のないミルバランス。

ミルバランスを貰いましたが、通常の食事をとっている私にとっては不要です。

ちょぼちょぼ飲みますね。
健康 | - | -

3Dプリンターをフル活用する。

SLの動輪単体が必要となったが、市販のジャンクさえありませんので、自作することになりました。

最初の試作は完全に潰れておりました。


そして、3Dプリンターの特性を考慮して、3D設計しました。



先程の大きな型崩れはなかったです。



クランクシャフト軸のパーツを別でこしらえ、それっぽく並べてみました。


スカイビューイング用クレーン車の先端に見物台を3Dプリンターで制作しました。
鉄道模型 | - | -

TOMIX#97911・583系きたぐに旧色セットのT車床板湾曲

TOMIX#97911・583系きたぐに旧色セットを走らせたところ、脱線が頻発しました。

原因を調査するとモハネ582T車2両の床板が大きく歪んでいて、両端のカプラーの法面が相手方と合っていなかったためでした。

比較のため#98968・583系きたぐに国鉄色編成のセットのT車と並べてみたところ、旧色の歪みは一目瞭然でした。


分解すると集電ウェイトが大きく湾曲し、その歪みが他のプラ床パーツにも及んでいました。

今はなき東京堂テクストの419系は、走らない動力や余計なパーツが脱線を引き起こすと言った実に酷い製品でしたが、本製品は、それとは違った意味合いの酷さを感じます。


集電ウェイトを矯正し、全体を万能瞬着でガチガチに固定して、全体として歪みを矯正する手法を取りました。


それでも歪みが残ったので、更にチューニングする必要があります。

トイレタンクパーツ(外付けで組付けが悪いとガタガタになる)取り付けるために車体を分解したり、アンテナパーツのために屋上にピンバイス穿孔させたりと、KATOに比して値段もそうですが、ユーザーに不必要な改造を強いるのはどうかと思います。

国鉄露太本線建設記ブログがTOMIXを批判する(主にポイントレールやパワーパックなどの電気設計についてですが)のも頷ける気がしました。


恒例のお歳暮品崩しです。飲酒をしなくなったので、まるまる分け前を辞退しました。

また、貰い物のドリップコーヒーなども作るのが面倒なので、これも放出しました。
鉄道模型 | - | -

近鉄名阪特急ひのとり

TOMIXのセットを購入しました。

後日カプラー交換して、第1編成の車番インレタを貼りました。
鉄道模型 | - | -

智頭急行HOT3500形

智頭急行HOT3500形です。
鉄道一般 | - | -

年々ショボくなる交通新聞社の鉄道カレンダー

年々高くなり・ショボくなる交通新聞社の鉄道カレンダーです。
2021年度版からは特急カレンダーが消えました。
とりあえず、2021年度版まで買っていますが、その次は無いと思います。



懐かしき鉄コレ大市交30系エキスポ70バージョン。

ライト点灯化改造を行いました。


中津から万国博中央口(当時)まで自動車専用道路の間に電車が走る近未来的光景は本形式の無機質な外観と相まって衝撃的でした。
鉄道模型 | - | -

全社パソコンのSSD化を完了など

今週末は、工場に前乗りして会議用パソコンのSSD化とZoomミーティングのセットアップを済ませました。


当社初のZoomミーティングは成功裏に終わりました。
今後、社外のミーティングにも提案したく思います。


全社パソコンの内、最後に残った工場内事務系のパソコンもSSD化を進めました。


結果、起動時間は3分の1に短縮され、アプリ起動も早くなりました。


インターネットの遅さもカバーすることが出来て、生産性が飛躍的に向上した次第です。
コンピュータ | - | -

青い森鉄道の701系。

東北新幹線の延伸により生まれた第3セクター鉄道。
その中で青い森鉄道の701系をご紹介します。
本社はJR東日本の701系がベースになっています。
鉄道模型 | - | -

納骨を無事終了

この度、父親の納骨を無事に終えました。
ご報告申し上げます。
家事 | - | -

事務所の不具合の解決第一歩

改装後の多目的室は当初、飲食禁止でした。ところが昼食を解禁したため、切り粉の付着した靴の者がここに出入りする様になり、カーペット敷きの床が汚れるに至りました。

いずれカーペットを見直し、再び飲食禁止に戻しますが、それまで切り粉払いのマットを入れました。


事務所内はやたらとデザインに凝ったのは良いとして、ちょっとした作業エリアが無くなり、使い勝手が甚だ悪くなりました。

特にFAX代節約のための工場向けPC−FAXが使えなくなり、不便を感じています。

この度作業ラックを導入してPC−FAXを復活しました。
仕事 | - | -

今度は体裁よく自力でヘアカット

写真の理髪用ケープを通販で購入し、サボヘアトリマーで髪全体をスキカルしました。

今回は手加減しながらカットしたので、ブサイクにならず成功しました。


来週の3Dプリンター講習会の準備をしました。


ミュースカイのセットアップを終えました。


色差しテープを貼る様になっていた、スカート上部は黒マジックで色差ししました。


今朝がた調子の悪かった電波時計は、帰宅時には復帰していました。


腕立て伏せを日常運動に取り入れた成果か、腕時計の穴が1つ細まりました。
健康 | - | -

自動運転シミュレーターにLCDを搭載。

自動運転シミュレーターの動きを的確に把握するため、写真のLCDを設置します。


当初この場所に設置する予定でしたが、誤作動を招くため、再検討しました。


コントロールボックスから分岐をとり、ボックス内に設置しました。


マニュアルモードとプログラムモードを分けて表示します。


プログラムモードでは、種類まで表示します。


ミュースカイの中間連結ですが、ドローバーは不細工なので、電連TNカプラーを使って体裁よくまとめました、
鉄道模型 | - | -

似て非なるもの

共に復活気動車色のキハ40−1007・烏山線(奥)とキハ40−2134・ノスタルジー色(手前)です。


キハ40−2134が登場する直前に烏山線のキハがEV−E301系置き換わったので、両者が同時に存在する時期は無かったのです。
- | - | -

結局、転車台の最大の問題点はカムスイッチにあり。

現実はプルダウン抵抗で解決するレベルの話ではありませんでした(泣)。

実際にはテスターの針がディップ(導通)するどころかピクリとも動きません。
これは転車台が回転しっ放し状態の時の値です。


カムスイッチは扇形車庫の番線に正対しているときに導通するのですが、そのために2つのスプリングが目一杯伸びてスイッチバーを2つの接触子に押し付けます。
カムスイッチ全体の機構が複雑で、スプリングもそれほど高性能なパーツとも言えないので、製品により不具合の出方が違うようです(Amazonでも動作不具合を指摘するレビューが多いです)。

今回はそのスプリング圧不足が原因であることが判明したので、増圧改造したスプリングを機構に挿入します。


テスターの針は正常にディップし、自動運転テストも完璧にパスしました。


さて、私が日頃使用している自動運転シミュレーターですが、経年劣化が進んでいます。
ブレッドボードとジャンパーピンの接触が悪くなり、アース電位が浮遊し、エラーを引き起こす様になりました。


そこで、電源・アースラインとSCA・SCLラインの配線を強化し、I2Cが確実に動作する様にしました。
鉄道模型 | - | -